予算を決めておくと選びやすい

ニキビ跡治療をする為の化粧水選びの王道は、毎日使うものをよりリーズナブルな価格で安定的に買うことができること、そして家計を圧迫しない事が前提となりますので、まずはこの範囲内なら購入できるという予算をしっかりと持つことが肝心です。

そうしないと化粧水を買い続けて家計が圧迫されては本末転倒です。予算をしっかりと決めて、いくらくらいなら毎月負担できそうかな?という試算をしっかりと出しておく事と、その予算に合った化粧水を絞り込んでおく事が重要です。

またニキビのタイプによっても使用する化粧水は変わってきます。ニキビ跡のタイプに沿ったニキビ跡治療化粧水をセレクトしなくてはなりません。それぞれの症状と予算に合ったニキビ跡化粧水を選ぶ事の重要性は、なにより化粧水を使い続けていく上で重要なポイントとなります。

短期間で治したいけどあまりお金もかけたくないという人と、お金はあるが短期間で治したいという人とでは、購入する化粧水も予算も大きく変わってきます。このように自身がどのような治療シナリオを持っているかが肝心であり、それが症状に合ったニキビ跡化粧水の選び方に直結するのです。

どの化粧水が良いか迷いがある人は、まず専門医の相談が良いかもしれません。専門医の場合、処方箋で化粧水や乳液を処方してもらえる場合があります。

医師の処方する化粧水や乳液は非常に効果が高いため、完治までの期間が短く、また保険適用ですので費用負担も軽いのが特徴です。市販薬で探さなくても場合によっては処方箋という手もあります。

極端にブランド品にこだわらない

正しいニキビ跡対策の化粧水の選び方として価格はリーズナブルに、自分の肌質に合致した物をセレクトする事を重要視しなくてはなりません。

結果的に自分の肌質に合った化粧水がブランド品であったというならわかりますが、最初からブランド品ありきで考えると、選択肢の幅を狭めてしまうことになります。

そこで最初は使用者の体験をベースに、口コミ情報を参考にしてみるといいいでしょう。口コミでは初めてニキビ跡対策用化粧水の選ぶ際のコツや価格帯を知る事ができます。そして実際に使ってみた人達の感想を広く知る事ができるでしょう。

さらに初めてのニキビ跡用の化粧水購入の切り札となるお試しキットの有無を知る事もできます。どんな化粧品でも最初は効果があるかどうかよりも、自身の肌質に合うかどうかがポイントとなります。

そんな時、正規品を高額で購入するのではなく、1週間程度分のお試しキットで一定期間試すことができれば、その後は安心して使用していく事ができます。またお試しキットはメーカーにもよりますが、無料で購入できるものと、有料のものがありますが、有料でも千円程度ですので、お試しサンプルとしてはお手軽なのではないでしょうか。

もし最初からブランド品にこだわっていると、ブランド品の化粧水にはあまりサンプルやお試しキッドのようなものがないものが多い為、最初から正規品を買わなくてはならずリスキーです。結果的にブランド品の高級コスメティックを購入するのであればいいのですが、最初から高級化粧水を選ぶのはリスクがあります。

化粧水には女性向け男性向けがある

ニキビ跡治療を目的とした化粧水には男性用と女性用があります。

最終的な目的地はニキビ跡の除去になるわけですが、ただそこにたどり着くまでの過程と、効果が男女では異なります。まず男性と女性の肌の違いから説明する事になりますが、男性の肌質は概ね皮脂で覆われています

従って紫外線や気温変化による乾燥に対しては非常に強い肌質です。一方女性の肌は男性にくらべ皮脂の量が少なく、気温の変化や乾燥に敏感です。こういった肌質から見てニキビ跡用の化粧水にも配合されている成分が若干異なります。

男性用のニキビ跡化粧水には根本的に毛穴クレンジングをメインとした成分が配合されています。また商品によっては、別にクレンジング剤を用意しているメーカーもあるくらいです。

一方女性用の化粧水はクレンジング重視というより、保湿や紫外線からの受ける肌ダメージをいかにして軽減させるかが重視されます。そのため必要以上に肌のクレンジングを抑制しできるだけ皮脂を維持させながら、保湿効果を高めていく事に重きを置いているのです。

このように男性向けと女性向けのニキビ跡除去のための化粧水には、それぞれに違いがあります。そのため女性用の化粧水を男性が使っても、皮脂がしっかり取り除かれていないために化粧水が浸透しません。

逆に女性が男性用の化粧水を使うと、クレンジング成分によって肌の皮脂が取り除かれてしまい、乾燥肌に拍車をかけてしまいます。最近はユニセックスの化粧水もありますが、できるだけ性別と肌質に合った化粧水を選んでいきたいものです。

効果には個人差がある事を知る

人の肌質に個人差があるように、ニキビ跡治療の化粧水が人の肌に与える効果と、効果が始まるまでの時間にも個人差があります。基本的にニキビ跡というのは、肌に残った頑固な結晶のようなもので、その結晶を溶かすにはある程度の時間がかかりますし、肌に何らかのダメージを与える事になります。

例えば外科手術で行う場合はレーザー治療がポピュラーな方法になるわけですが、レーザー治療はピンポイントでニキビ跡を消し去る事はできるものの、場合に依っては火傷の傷として残ってしまう場合があります。

また色素沈着タイプのニキビ跡になると、最終的に色素そのものを取り除かないと、治療できない可能性があるのです。このようにニキビ跡の治療を行う場合一定のリスクを承知の上で、治療をするのが一般的である中、確実に安全にニキビ跡を小さくしていく手段として、化粧水の利用があるのです。

化粧水を使えば完治までの期間は長くかかるかもしれませんが、確実に治療していく事ができますし、痛みもありません。治療というとどうしても傷みや傷といったリスクが頭を過りますが、化粧水には痛みも傷も残りませんので、安心して普段通りに洗顔し、普段通りに化粧水を肌になじませ、寝ている間ゆっくりと肌に浸透していきます。

化粧水の効果を最大限に引き出したいということなら、シッカリ洗顔し化粧水を肌に馴染ませてから十分に睡眠を取る必要があるでしょう。こうする事でより早くニキビ跡を治していく事ができます。

リプロスキンはニキビ跡に効果を発揮します